銀行のカードローンが無担保で利用できる理由

投稿者:

銀行は融資に対してとても慎重なので、基本的に担保の無い融資は行いません。ですが、カードローンは原則的に無担保で利用することができます。

この理由は、銀行のカードローンには必ず1社以上の保証会社が付いているからです。ネット銀行や地方銀行のカードローンであっても、保証会社が付いていないカードローンはありません。

保証会社とは、カードローンの契約者からの返済が行われなくなってしまった時に銀行に対して代位弁済を行う存在です。要はこの保証会社が担保の代わりになっているということです。

銀行のカードローンの保証会社の多くは消費者金融や信販会社です。もちろんただ保証をするだけでなく、この保証業務も立派なビジネスとして成り立っています。代位弁済を行うことを保証する代わりに銀行から契約金額に応じた保証料を貰っています。言わば保険と同じような仕組みだと思ってください。

カードローンの契約者は特にこのようなことを意識することなく利用することができますが、この保証会社に対する保証料はしっかりと金利に含まれています。つまり、自ら保険に入っているようなものなのです。

銀行のカードローンではこのようなシステムが確立しているので、銀行は無担保で提供でき、利用者も無担保で利用できるのです。