カードローンとキャッシングでユーザーの利便性を高める

投稿者:

カードローンとキャッシングは併用する事が出来ますので、総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象であるキャッシングを組み合わせれば、自在に融資を受けて使う事が可能です。ユーザーの利便性を高めていくには、借入利率が低いサービスを選ぶ事がポイントとなります。

特にキャッシングは総量規制によって総限度額の上限に制限が設けられていますので、申込者の年収がカードローンよりも大きく影響してきます。一方で、銀行や信用金庫が提供しているカードローンは総量規制の対象になっていない為、審査を通過すれば、総限度額の枠に縛られずにカードローンのサービスを利用出来る事が利点です。

カードローンは、銀行が親会社である消費者金融会社が提供している事がありますが、この場合、銀行のカードローンサービスという扱いになっているケースが多いですので、貸金業法の対象になっていない事があります。

その為、かつて大手消費者金融会社だった場合であっても、現在銀行系消費者金融会社となっているのであれば、ユーザーの選択肢にしておくと便利でしょう。カードローンとキャッシングは、自由度が高い融資ですので、急な出費や給料日までの資金の立て替えなどに使えます。