キャッシングの利息の支払い方

投稿者:

キャッシングをしたお金には利息が掛かりますが、この分の支払いについて説明したいと思います。

例えば10万円を年利18%、12回払いで借りた場合、全12回の支払いで元金、利息ともに支払うことになります。別に利息だけを支払うような必要はありません。

キャッシングの利息はクレジットカードのリボルビング払いのような形で支払っていきます。つまり、毎回の返済額の中に利息分も含まれているのです。返済を行う度に利息の元となる元金が減っていくので、序々に返済額に含まれる利息も減っていく仕組みです。

上の年利18%で10万円を12回で返済する場合、毎回の返済額は9,167円になりますが(12回目のみ9,174円)、最初の返済ではそのうち1,500円が利息分となり、元金の返済に充てられるのはそれを差し引いた金額です。2回目には最初より元金が減っていることから、同じ9,167円を返済してもそのうちの利息分は1,384円になり、返済回数が進むに連れて元金へ充てられる金額も序々に増えていきます。

このような繰り返しで返済を行っていくので、年利18%をちょうど12回の1年で返済したとしてもそのまま18%が利息として上乗せされるという訳ではないのです。この例では12回合計して返済する金額は110,011円になり、そのうち利息分は10,011円です。

キャッシングの返済はこのように毎回の返済額の中に利息分も含まれているので、利息を特に意識することはありません。普通に返済を行っていれば、利息もきちんと支払っているということです。